香りは、日常の空間を非日常に変化させると言われてます。
どこか懐かしさを感じながらも、新しい香りでもある和の香り。様々な場面でお楽し頂くことが出来ます。
また、和の香り ゆすらの商品は、合成香料を使用せずに、自然の香原料のみで、ゆすらオリジナル調香で作っております。他にはない香りです。ぜひ、一度、お試しください。
各商品ともに、世界に一つの香りのオーダーメイドもお受けしております。個別にお問い合わせください。

商品のご注文は、LinkIconこちらまで

お線香

江戸初期前後に、大阪で作り始められたお線香。リラックスタイムや、気分を変えたいとき、お客様のお迎え前にお部屋で薫いておくなど、様々なシーンでご使用ください。
『白雪』『深山』『江戸の華』『opium』『茶室』『初夏の想ひ』など、様々な香りを揃えております。
こちらも今年の干支の香り『寅』をご用意しております。
詳しい香りのイメージはこちらへLinkIcon

匂い袋

古くは衣被香とも言い、衣装に香りを移し、防虫効果もあるということで使用をされておりました。現代においては、用途も様々。箪笥の中で衣装用としてだけではなく、玄関でのお迎えの香りとして、またバッグなどに入れて書類や手帳に香りを移しながら香りをお楽しみ頂けます。薄手タイプであれば、スーツの内ポケットに入れて、お洒落をお楽しみください。
梅の花や尾長鳥などは、ご贈答用としてもお勧めです。
穏やかにほのかに薫る香りをお楽しみください。
詳しい香りのイメージはこちらへLinkIcon

匂い袋

ゆすらオリジナルの香りは、『水珠』『黒い蝶』『秋の月』『夏露』他、すっきりとした香りから甘い香りまで、揃えております。今年の干支の『寅』の香りもございます。



オーダーの場合は、事前にお話をお伺いしてからの調香となります。
詳しい香りのイメージはこちらへLinkIcon

塗香

何かに香りを移して使用する和の香りの中で、唯一、身体に直接、付けるものです。古くは、蓮の葉にたまった朝一番の朝露を集め、その水で白檀を溶き、身体に塗っていたそうです。



現代での一番の消費者は、お寺ですが、掌に付けて使用するもので、香りも周囲に拡散しませんので、仕事の合間のリラックスや、強い香りは出せないけど何か付けたい、などのご希望に添えるアイテムです。
詳しい香りのイメージはこちらへLinkIcon

練香

平安時代の頃に、多用されていたのが黒い丸薬状の練香です。炭で温められた灰の上に、置き、その熱で香りを放ちます。



炭で灰を温めるその時間とともに、ゆったりとした時間と空間を、香りとともにお楽しみください。お客様をお迎えする前などにもお勧めです。
詳しい香りのイメージはこちらへLinkIcon